世界のいまを知る 命がけの出産

  • 小
  • 中
  • 大

29万5000人の女性が
妊娠・出産が原因で命を落としています。
つまり一日に約800人ということ。
その99%以上は開発途上国で起きています。
そのほとんどは助けられる命です。

ザンビアのクリニックにて

530万人の5歳未満の子どもが
毎年命を落としています。
その半数近くは生後28日未満に起こっています。

タンザニアの女性たち

母親を亡くした子どもは
命を落とす確率が非常に高くなると言われています。
安全な妊娠・出産は、母親と赤ちゃん両方の命を救うのです。


アフリカの南スーダン、チャドやシエラレオネでは出生10万当たり1100人以上の女性が妊娠・出産で命を落としています。

その原因のひとつは、出産の現場にあります。
妊娠・出産で亡くなる確率が高い南スーダン、チャドとシエラレオネでは
例えば約半数の女性しか出産の際に
専門技能者(助産師や医師など)の立会いを受けられません。
国名南スーダンチャドシエラレオネ
出産の際に専門技能者(助産師や医師など)の立会いを受けられる割合19%20%60%
5歳未満で亡くなる人数(1000人対)99119105
生後28日未満で亡くなる人数(1000人対)403433



出典:妊産婦死亡の動向2000-2017,WHO他 世界子供白書2019,ユニセフ