運営団体

ホワイトリボン・ジャパンには、下記の団体が加入しており、ジョイセフが事務局を務めています。


公益社団法人 日本助産師会
日本助産師会は、 1927年に日本産婆会を前身として設立された助産師の職能団体で、母子保健推進のため、全国の助産師の連携をはかり、助産師の職能向上を目的としています。

WEBサイトへ


公益社団法人 日本小児保健協会
日本小児保健協会は、 1933年に発足した団体で、小児保健の普及及び指導、小児保健に関する学術の進歩、小児の福祉の向上に寄与することを目的として活動しています。

WEBサイトへ


一般社団法人 日本家族計画協会
日本家族計画協会(JFPA/ジャフパ)は、1954年に設立された日本のリプロダクティブ・ヘルスを推進する団体です。専門家・学会の指導を受けて「全国どこでも、誰もが望めば、リプロダクティブ・ヘルスサービスを受けられる社会の実現」を目標に事業を行っています。

WEBサイトへ


公益社団法人 日本産婦人科医会
日本産婦人科医会は、産婦人科医の職能団体です。臨床産婦人科医の抱える諸問題について取り組み、産婦人科医療・医業が適正に行われるための活動を支援しています。

WEBサイトへ


公益社団法人 母子保健推進会議
母子保健推進会議は、母子保健法制定(1965年)のために尽力した専門職能団体を会員団体とし、母子保健、子育て支援についての調査研究、研修、啓発、表彰、地域組織育成等の事業を行っています。

WEBサイトへ


公益社団法人 誕生学協会
妊娠出産への理解を深め自尊感情を高める「誕生学®」プログラムを、全国で開講中。子どもから大人まで各次世代に、学校や行政・企業で、認定講師(誕生学アドバイザーやバースコーディネーター)が出張授業。教職者や医療者、保護者で連携し”生きる力・いのちをつなぐ力をつなぐ”活動を展開中です。

WEBサイトへ


国際協力 NGO ジョイセフ
ジョイセフは、途上国の妊産婦と女性の命と健康を守るために活動している日本生まれの国際協力NGOです。アジア、アフリカ、中南米で、保健分野における人材養成、寄贈、プロジェクトを通した様々な支援を行っています。

WEBサイトへ