寄付の使途

ホワイトリボンラン2023 支援内容

ホワイトリボンラン2023 に参加していただいた皆さまのエントリー費の収益の全額を下記の活動に寄付します。
(寄付の金額により、活動内容が変更されることがあります。すべての活動が必ず実施されるものではありません。)

ガーナの若者の命と健康を守るために

セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(SRHR:性と生殖に関わる健康と権利)の啓発活動強化

これまでジョイセフは、ガーナにおいて若年妊娠や意図しない妊娠の予防を推進してきました。しかし、その活動地域の中でも、ガーナ イースタン州における10代の妊娠の割合は、ガーナ全体の平均と比較すると依然高い現状があります。

若年妊娠の主な原因の一つとして、SRHRに関する知識がないことで、若者が避妊具の配付や性に関わる相談・検査などを含む性と健康に関わるSRHサービスの利用を妨げています。若年妊娠は、合併症を起こしやすく、妊産婦・新生児死亡のリスクが高い上、女性の教育や雇用の機会を奪い女性の自立を妨げる原因になります。

実施目的

ジョイセフがこれまで育成したボランティアでSRHRの啓発教育活動を地域で行う若者ピア・エデュケーター(PE)を再研修し、地域の大人や保健スタッフが若者の活動と連携を強化して啓発活動を実施することで、SRHの正しい情報とサービスを若者が取得しやすくします。また、若者、特に社会的に脆弱な立場にある女の子が知識・スキルを身に付け、自分で選択できる力を身に付けられるようエンパワメントしていきます。

対象地域:ガーナ イースタン州7郡

活動内容

①地域でSRHRの啓発教育活動を行う若者ピア・エデュケーターの再研修
②ユースをサポートする委員会を設置
地域の保健スタッフ、村のリーダー、教師などによるピア・エデュケーターの活動をサポート体制を整える)
③ユースセッションの開催(対象地域7郡で実施)
保健施設でユースオープンデー(イベント)を開催し、思春期・若者がクリニックに行きやすい環境にするための思春期保健サービスと情報提供の推進。

これまでの支援活動についてはこちらから